未分類

【コスパ重視】Surfaceユーザーなら持っておきたい周辺機器を特集!

こんにちは。ガジェットブロガーのFeels(@Feels37)です。

この記事では、

  • Surfaceをもっと便利に使いたい!
  • Surfaceを使いやすくしてくれる周辺機器は?

という声に応えながら、Surfaceにピッタリの周辺機器を一気に紹介していきます!

マウス

Logicool「M575」

筆者イチオシのマウスです。「トラックボールマウス」という種類のマウスで、青いボールを転がして操作します。

引きずらないので音が立たず、手のひらの上や椅子の肘置きの上でも操作できるので、非常に便利です。

左クリックの左にはボタンが2つあります。Logicool Optionsを使えば、ここに様々な機能を割り当てられますよ。

筆者おすすめの割当は、BackspaceとEnterです。特に右利きの方におすすめの割当です。

Surface Arc Mouse

Surfaceの純正マウスです。上の画像ではマウスのような形になっていますが、伸ばして真っ直ぐにすることができます。

真っ直ぐになると非常にコンパクトになり、バッグのポケットにもラクラク収納できるようになります。

少し高いですが、携帯性が非常に高く、軽量であるSurfaceにはピッタリの製品となっています。

Logicool「M350」

コンパクトな薄型マウスです。ここまで紹介してきたマウスとは違い、いたって普通のマウスです。

価格もリーズナブルなので、Surfaceの相棒としてとりあえず買ってみる、ということができるのも魅力です。

単3乾電池1本で最大18ヶ月使えるところや、クリック音が小さいところが大きなメリットです。

キーボード

基本的には、Surface Pro・Bookユーザーに向けたおすすめを紹介しています。

(純正)Type Cover

Surfaceといえばやっぱりタイプカバーですよね!

接触不良がほとんど無いクオリティの高さと、Alcantara®素材も手触りの良さが特徴です。

また、Surface Pro 8では、Surface Pro 7以前のタイプカバーが使えず、Pro Xのタイプカバーのみが使えます。ご注意ください。

Logicool「K380」

SurfaceにはBluetoothキーボードが使えますから、タイプカバーの代わりにこのようなキーボードを使うのもアリです。

Surfaceを使いながら紙に色々メモしたりする場合は、実はタイプカバーよりも無線キーボードのほうが使い勝手が良いです。

タイプカバーよりも圧倒的に安く手に入りますから、タイプカバーの代わりに導入してみてはいかがでしょうか。

IC-BK08

折り畳み式の無線キーボードです。トラックパッドも付いており、トラックパッド派におすすめです。

持ち運びの際は折り畳めるため、バッグの中で、キーが傷つく心配がほとんど無いところも魅力です。

同時に3台のデバイスに接続できるのも魅力です。トラックパッドの上のキーで、接続切り替えも簡単にできます。

ペン

(純正)Surfaceペン

Surface ProとBookには、純正のSurfaceペンがおすすめです。

下のような図が簡単に書けるので、会議などで非常に活躍中します。オンライン会議なら、画面共有しながら書けるので便利です。

(かきあじがぞう)

純正のSurfaceペンは、後ろが消しゴムになっていて、後ろで画面をこすると字を消すことができます。

後ろはノックもできるようになっており、Microsoft Whiteboardを呼び出すなどの機能を割り当てられるのも便利です。

純正じゃなくてもOK?

Amazonで「Surfaceペン」と検索してみると、純正ではない格安のSurface用ペンがたくさんヒットします。

僕も格安のSurfaceペンを使ったことがあるのですが、書き味は純正に比べると劣り、遅延も大きかったです。

筆者としては純正のSurfaceペンを買うことをおすすめしますが、この非純正品は良さそうです。

D字型でSurfaceにくっつけやすく、充電式なので使い勝手が良いのが特徴です。値段は純正Surfaceペンの4割ほどです。

《重要!》USBハブ

Surfaceは全製品を通してUSBポートが少ないため、ビジネス用途などではUSBハブが必須となります。

Anker PowerExpand 6-in-1

USB-A ×2 最大5Gbps 映像非対応
USB-C(充電NG) ×1 最大5Gbps 映像非対応
USB-C(充電OK) ×1 最大出力53W 映像非対応
HDMI ×1 4K@30Hz対応
Ethernet ×1 最大1Gbps

‎あらゆる場面で必要となるUSBハブですが、筆者のおすすめはこの「PowerExpand 6-in-1」です。

HDMIポートがあるので、サブモニターや発表用モニターへの出力ができるようになり、非常に便利です!

PD対応ポートでType-C充電もでき、下で紹介するType-C充電器やモバイルバッテリーの併用もできます。

SDカード/MicroSDが挿せないのが難点ですが、その分軽く(約83g)、細くなっており持ち運びに最適です。

Anker PowerExpand 7-in-1

USB-A ×2 最大5Gbps 充電・映像非対応
USB-C(充電NG) ×1 最大5Gbps 充電・映像非対応
USB-C(充電OK) ×1 最大出力85W データ・映像非対応
HDMI ×1 4K@30Hz
SDカード ×1 最大104MB/s
MicroSDカード ×1 最大104MB/s

Surface Pro 8やLaptop 4など、SDカードリーダーが無い機種には、こちらがおすすめです。

充電OKの方のUSB-Cポートは最大入力100Wで、15Wをハブの給電に使い、最大85WでPCを給電してくれます。

SDカードについてですが、UHS-IIの最高速は出せません。UHS-II以上のSDカードをお持ちの方はご注意ください。

USB-C充電器

USB-C充電器があれば、カフェ等で作業する際にバッテリー消費を気にせずに作業できます。

SurfaceでChromeを利用すると4時間程度で電池切れになることもあるため、できれば持っておきたいです。

Anker「Powerport 65W Pod」

Surface Pro付属の充電器と、ほぼ同じ出力を持つUSB-C充電器です。

下の画像のように、充電器・ケーブルをコンパクトに持ち運べるようになります。

重量も純正充電器の半分ほどになるので、持ち運ぶ際の体への負担も軽減されます。

USB-Cケーブルは付属していませんので、別途購入しましょう。

PD対応」「Power Delivery対応」のUSB-Cケーブルでないと、充電が非常に遅かったり出来なかったりするので注意です。

おすすめのケーブルはこちらです。

RAVPOWER「PC133」

RAVPOWERの高速充電器です。USB-Aポートが一緒に付いているため、一緒に別の機器を充電できます。

下の画像のように、USB-Aを使っていてもUSB-Cに60Wを回してくれるので、使い勝手が良いです。

現在、Amazonでは正規店から買うことができません。(安く手に入りますが、おすすめできません)

筆者は、正規店で買える楽天市場での購入をおすすめしています。
※SunvalleyはRAVPOWERの親グループです。

《重要!》モバイルバッテリー

Surfaceはバッテリー駆動時間がそれほど長くありません。

Chromeを使っていると4時間程度で電池切れになることもあるので、モバイルバッテリーの使用をおすすめしています。

特に、3コマ以上の授業に出席する大学生には不可欠です。下でおすすめ商品を紹介していますので、見てみてください。

Anker「PowerCore III 19200 60W」

容量 19,200mAh 出力ポート数 USB-C×1、USB-A×2
最大出力 USB-C: 60W、USB-A: 15W
最大入力 60W 本体充電時間 約2時間
サイズ 約16.9 × 7.9 × 2.2mm 重量 約422g
付属品 USB-C/USB-Cケーブル、USB-C/USB-Aケーブル、専用ポーチ

Ankerの高出力モバイルバッテリーです。60W出力なので、Surface ProやLaptopを問題なく充電できます。

ケーブルが2本付属しているのも嬉しいポイントで、値段の割におトクな製品となっています。

また、モバイルバッテリー自体が60W入力に対応しており、大容量でありながら最短2時間弱で充電できます。

2時間弱での充電には高速充電器が必要です。65W Podがおすすめです。

RAVPOWER「RP-PB201」

容量 20,000mAh 出力ポート数 USB-C×1、USB-A×1
最大出力 USB-C: 60W、USB-A: 18Wだが、同時なら45W+15Wの60W
最大入力 30W 本体充電時間 約3時間
サイズ 14.9 × 6.4 × 2.4 cm(実測) 重量 約367g(実測)
付属品 USB-C/USB-Cケーブル

RAVPOWERのPC用モバイルバッテリーです。筆者が実際に愛用しています。

上で紹介したものよりも100gほど軽く、持ち運ぶ際の体への負担が少ないのが魅力です。

一方、30W入力までしか対応しておらず、上で紹介したものよりも充電に時間がかかるのがデメリットです。

現在、Amazonでは非公式ショップでしかRAVPOWERの製品を購入できません。この商品の購入なら楽天市場がおすすめです

この「RP-PB201」で本当に充電可能かどうか検証した記事もあります。

以下の記事の真ん中あたりに、充電できている証拠を示す画像があります。ぜひご覧ください。

 

マイクロSDカード

Surface Pro 4~7にはマイクロSDカードを挿す部分があります。

Surfaceの容量不足に悩んでいる人や、512GB以上のモデルは高すぎる・・・という人にはSDカードがおすすめです。

Surface向けSDカードのおすすめ5選

ここでは、256GBの製品のみを紹介しています。購入する場合は、必ず容量が正しいかどうかをご確認ください。

SanDisk Extreme SDSQXA1-256G-EPK

SDカード大手のSandiskの製品です。UHS-I U3規格に対応しており、データ移動の高速さを求める方におすすめです。

他の製品と比べて少し高価にはなりますが、性能は申し分なく、信頼できるメーカーであるため、その分の価値はあります。

「データ転送速度にはそれほどこだわらない」という方には、この下のSandisk Ultraがおすすめです。

SanDisk Ultra SDSQUA4-256G-EPK

上で紹介した「Sandisk Extreme」の下位モデルです。転送速度はUHS-I U1となっていますが、それでも十分に速いです。

「Sandisk Extreme」の3分の2ほどの価格になっているため手を出しやすく、ストレージ容量を十分に拡張できます。

Samsung EVO Plus

実は記憶装置に強い、SamsungのマイクロSDカードです。

最初に紹介した「Sandisk Extreme」よりも安価ながら、UHS-I U3の転送速度を持つSDカードです。

非常にコスパが良く、速度と容量を両方求める方におすすめです。白地に青文字なのが、最新の2021年版です。

実機レビュー記事一覧

今回紹介した周辺機器の中には、実機レビューをした製品もいくつかあります。

興味がある方は、ぜひ読んでみてください!