PRESS:SELECT

PCゲームのことなどをちょっと書きます。

PRESS SELECT BUTTON TO...

ゲームやPCしながら道草食いませんか?

VEEAPEのSurfaceペンを写真付きレビュー。サードパーティ製の実力は?

B!

f:id:Feels:20201121010453j:plain
こんにちは。Feelsです。

この記事では、VEEAPEという会社のSurface対応スタイラスペンのレビューをしていきます。

  • 中国メーカーのパチモンだけど大丈夫?
  • 安いのは明白だけど、デメリットには何がある?

という疑問にも答えていきます!

Surfaceペン、純正は高い!

Microsoft storeで売られているSurfaceペンの純正品は、なんとお値段12980円(税込)

店頭で試用してみると、とても使いやすくて欲しくなるものの、高すぎて全く手が出ませんでした。

そこで、「中国メーカーの安いやつをAmazonで買えばいいや」という結論に至ったわけです。

決め手はレビューの日本語感

中国メーカーの激安品をAmazonで買う際、必ずレビューを確認しましょう。

☆の数はもちろん、日本語の上手さやネイティブ感、画像の有無などをしっかり確認すると、粗悪品を避けやすくなります。

この商品は、ネイティブ(であろう)日本人が星5をたくさん付けていたので、大丈夫だろうと判断しました。

セールでもっと安くなる?

実はこのVEEAPEのスタイラスペン、僕が買ったときはセール中で2400円ほどでした。(セールではなくクーポン式だったような気も)

2400円だと、純正の5分の1の値段です。これは逃せない!と思って購入に踏み切りました。

開封

外装

f:id:Feels:20201121005709j:plain
f:id:Feels:20201121005713j:plain
外箱は少し歪んでいて、上から圧力がかかってしまったのか、すでに半開き状態です。

中国では、「中身を守るための外箱なので、外箱は傷ついていい」という考え方が普通らしいので、仕方ないのかも。

こちらも1万円以上ケチってますから、外箱で文句を言える立場でもないので、特に嫌な気分にはなりませんでした。

f:id:Feels:20201121005717j:plain

後ろには簡単な説明と、互換性のあるSurfaceの一覧が。

Surface pro 7が載ってませんでしたが普通に使えたので、pro 7にも互換性があると勝手に宣言しておきます。

中身

f:id:Feels:20201121005647j:plain

内容物は、

  • 本体
  • 替えペン先(柔・先が白い)
  • 替えペン先(硬・先が黒い)
  • ペン先交換用ツール
  • AAAA電池(単6電池)
  • 説明書

AAAA電池は合計1本しかないので注意。

説明書の裏側には、詳しい使い方が書いてありました。

f:id:Feels:20201121005700j:plain

実際に使ってみた

紙に書いたときと比べると?

f:id:Feels:20201121011250j:plain

丁寧に書くとこんな感じ。記号もちゃんと書けるので、「ちゃんとしたスタイラスペン」と考えてよさそうです。

書き心地は紙よりも劣りますが、そこはしょうがないでしょう。

ちなみに

上の筆記例の楕円が妙にキレイなのは、Windows inkという機能のおかげ。見やすくなってとても便利です。

筆圧感知は4096段階らしい

f:id:Feels:20201121011441j:plain

VEEAPEのスタイラスペンは、純正と同じ「4096段階筆圧感知」を備えているようで、筆圧をしっかり感知してくれます。

しかし、それが本当に4096段階かどうかは、いくら使ってもわかりません。筆者が「弱・中・強・全力」くらいでしか調節できないので・・・

筆圧感知が鬱陶しい場合は、「ペイント3D」というWindowsに最初から入っているソフトを使えばOKです。

側面のボタン

VEEAPEのスタイラスペンの側面には、細長いボタンがあります。

ボタンの下側は「消しゴム」、上側は「右クリック」となっています。

これらのボタンは、SurfaceとBluetoothペアリングしなくても動作します。


純正のSurfaceペンについている「背面消しゴム」はありませんが、このボタンのおかげで、消しゴムをラクに使えます。

また、ボタンを押さなくても、ペンで長くクリックすれば右クリックとなります。

クリップと替芯

このペンにはクリップが付いています。純正には無い、地味に嬉しい要素です。

クリップはかなり強く、よほど薄い布でなければホールドしてくれます。


また、替芯(ペン先)の替えがあるのも嬉しいです。純正には1本もついてないらしいので・・・

ペン先交換ツールも付いているので、意外と簡単に交換ができます。

良くないところ・デメリット

安いからには、どこかしらに欠点があるはず。もちろん、このペンにも良くないところはあります。

  • ボタン機能の一部が使えない
  • 手触りが悪い
  • 磁力がかなり弱い

デメリットを挙げるとこんなところです。

ボタン機能の一部が使えない

f:id:Feels:20201121011244j:plain

一番のデメリットはコレかもしれません。VEEAPEのスタイラスペンでは、上の画像の設定が有効になりません。

「ヘッドボタン」がそもそも搭載されていないので、仕方ないです。

(代わりに、サイドボタンには「消しゴム」と「右クリック」が割り当てられています)


ヘッドボタンが欲しい方は、このスタイラスペンを選ばないほうが良さそうです。

手触りが悪い

どうでもいい点かもしれませんが、筆者はかなり気にしています。

ペン先側からクリップ側になでると、黒板を撫でているような感覚になります。

爪を立てると「キー!」と嫌な音がしそうな感じです。純正は手触りメッチャ良いので、ここはマイナスポイントです。

磁力がかなり弱い

クリップがある代わりに、磁力が非常に弱いです。

f:id:Feels:20201121005704j:plain

一応、Surfaceの左側にくっつきはしますが、何かが引っかかるとすぐ落ちてしまいます。

そもそも、純正のように平らな面がなく、完全な円柱形なので、磁力がうまく伝わらないのかも。

でも、クリップがあるので転がりはしません。コストカットとしては上手くやっている印象です。

まとめ

  • VEEAPEのスタイラスペンは、セール中なら純正の5分の1の値段
  • 普通にSurface用のペンとして使える。性能に文句なし
  • 質感、磁力、ヘッドボタンに妥協が見られる

2400円にしては十二分の出来と言えるでしょう。安いので、持ち運びまくって傷ついても平気でいられます。

純正をすでに持っている方も、仕事用と家用で分けるために、1本買ってみてはいかがでしょうか。