未分類

【Geforce】RTX4000番台と3000番台を比較して違いを解説

auスマートパスプレミアムを使ってみませんか?

auスマートパスプレミアムなら、

  • 映画・音楽・アニメ見放題
  • 音楽聴き放題
  • 写真・動画を保存できるクラウドストレージ50GB

などを全て、月額548円(税込)で利用できます。まずは下のボタンをクリックして詳細をチェック!

\無料で30日間お試し/

※無料期間中に退会された場合、月額情報料は発生しません

概要(12/17更新)

現在の情報をもとに推測をしてみると、

  • RTX4090はRTX3090Tiを圧倒した。一方、VRAM増量やGDDR7の登場が無かったのは残念。
  • なんとRTX4080もRTX3090TiにPassmarkで圧勝。
  • RTX4080(12GB)はRTX4070Tiとして発売。RTX3090と同等かちょい上?
  • RTX4070はRTX3080Tiに勝ちそうだが、価格がネック。
  • 1650~3060はこれからも活躍か?

価格推移は下の記事で追っていますので、ぜひご覧ください。

【1/6更新】3社比較!グラボの最低価格表と価格推移【買うべきグラボはどれ?】こんにちは。Feelsです。 グラボの値下がりを待っている状態 各GPU搭載グラボの今の最安値を確認したい! ...

各性能を比較

CUDAコア数

CUDAコア数 40シリーズ 30シリーズ
XX90Ti 10752
XX90 16384 10496
XX80Ti 10240
XX80 9728(16GB) 8960(16GB)
8704(12GB)
XX70Ti 7680(12GB) 6144
XX70 5888? 5888
RTX4080の12GBモデルは発売中止になりました。→「4070 Ti」として売られるみたい?

CUDAコア数はGPUの性能を大きく左右します。RTX4090では16000を超えており、RTX3090や3090Tiから約6000個の大幅増加がなされています。

RTX2080TiのCUDAコアは4352基で、2080Ti→3090のときの増加量とだいたい同じくらいです。今回もその時と同じような性能強化が起こりました。

4080以下のGPUではCUDAコア数の増加量が小さいため、4080と3090が同じくらいの性能では?と予想しましたが、4080が圧倒的に強かったです。

このまま行けば、4070Ti=3090Ti、4070=3080くらいになりそうです。

VRAM(ビデオメモリ)容量

VRAM容量 40シリーズ 30シリーズ
XX90Ti 24GB
XX90 24GB 24GB
XX80Ti 12GB
XX80 16GB 12GB
10GB
XX70Ti 12GB? 8GB
XX70 12GB? 8GB(6)
XX60Ti 8GB(6)? 8GB(6)

※(6)付きのものはGDDR6。(6)無しのものはGDDR6X。

また、当初のリークでは「RTX4080にはGDDR6が搭載か?」と言われていましたが、NVIDIA公式発表ではGDDR6Xとなっていました。

90番台ではVRAMは24GBで変わらなかったですが、80番台では10GB→12GB、12GB→16GBと増加しました。

GeforceでVRAMが16GBなのはおそらく初なので、「24GBも要らないけど、12GBだと物足りないな…」という方の良い選択肢となるでしょう。

VRAM目当ての場合は、RTX2060の12GBモデルもおすすめです。Radeon RX 6800の半額以下、RTX4080の(おそらく)3分の1以下で買えます。

VRAM構成はGDDR6Xのままで、GDDR7(?)にはなりませんでした。1080Ti(GDDR5X)→2080Ti(6)→3090(6X)と進化してきましたが、ここで一旦休憩のようです。

RTX3070はGDDR6でしたが、4070でGDDR6Xに進化するようです。

auスマートパスプレミアムを使ってみませんか?

auスマートパスプレミアムなら、

  • 映画・音楽・アニメ見放題
  • 音楽聴き放題
  • 写真・動画を保存できるクラウドストレージ50GB

などを全て、月額548円(税込)で利用できます。まずは下のボタンをクリックして詳細をチェック!

\無料で30日間お試し/

※無料期間中に退会された場合、月額情報料は発生しません

TDP(消費電力)

VRAM容量 40シリーズ 30シリーズ
XX90Ti 450W
XX90 450W 350W
XX80Ti 350W
XX80 320W 350W(12GB)
320W(10GB)
XX70Ti 285W? 290W
XX70 250W? 220W
XX60Ti 220W 200W

消費電力の増加が止まりません。しかも、その流れが70、60番にも来てるのが少し厄介ですね。

消費電力は、BTOのグラボだけ買い替えたい勢にはかなり重要です。電源を一緒に買い替える必要があるかどうか決まってくるからです。大規模マイニングをやってる事業者にとっても死活問題ですね(笑)

CPUやGPU、ファンやSSDなどの合計消費電力の1.5~2倍くらいの電源ユニットを使うべきだ、というのが通説です。

RTX4090の消費電力は非常に大きく、RTX3090Tiと全く同じ450Wです。ただ、CUDAコア数を考えると性能はかなりアップすると思うので、3090Tiよりオトク感あるかも。

また、RTX4080の消費電力は、3080や3070と比べても低いです。3070Tiや2080Tiから乗り換える場合だと、電源の買い替えは不要ですね。

価格

価格(参考) 40シリーズ 30シリーズ
XX90Ti 約20万円~
XX90 約31万円~ 約17万円~
XX80Ti 約12.5万円~
XX80 約21万円~ 約11万円~
XX70Ti 約8万円~
XX70 約7.6万円~
XX60Ti 約6.2万円~

※青字はNVIDIAの提示価格、黒字は実際の参考価格。

高いですね。

ちなみに、RTX3000番台の想定販売価格がこれです。(参考)

  • RTX3090:22万9800円~
  • RTX3080:10万9800円~
  • RTX3070:7万9980円~

このときに提示されていた価格とは5万円以上高くなっており、カジュアルゲーマーには苦しい価格設定となっています。

先程も書きましたが、RTX4080は2080Ti(の2019年での価格)より高いです。

余程4000番台が欲しいという方以外は、3000番台を買ったほうが良いでしょう。おすすめの3000番台グラボについては、以下の記事でまとめています。

RTX4000シリーズを待つべきか?と値下がり中の”今”買うべきグラボを徹底解説 この記事では、 RTX3000シリーズを今買うより、RTX4000シリーズを待つほうが良いの? 今グラボが欲...

auスマートパスプレミアムを使ってみませんか?

auスマートパスプレミアムなら、

  • 映画・音楽・アニメ見放題
  • 音楽聴き放題
  • 写真・動画を保存できるクラウドストレージ50GB

などを全て、月額548円(税込)で利用できます。まずは下のボタンをクリックして詳細をチェック!

\無料で30日間お試し/

※無料期間中に退会された場合、月額情報料は発生しません

Passmarkスコア

Passmark 40シリーズ 30シリーズ
XX90Ti 29535
XX90 39114 26605
XX80Ti 27283
XX80 34951 26554
25152
XX70Ti 23599
XX70 22273
XX60Ti 20482

※Passmark Softwareのこのページから引用。数値取得時期はバラバラです。

RTX4090が発売されたのに伴い、Passmarkスコアも発表されました。サンプル数が少ないですが、とりあえず掲載しておきます。

RTX4090のスコアはなんと35000オーバー。RTX3090Tiを大幅に超えるスペックを持つことが、実際の計測からも明らかになりました。

RTX2080Tiのスコアが21836だったので、RTX2080Ti→RTX3090の時の進化と同じくらいの進化を遂げています。

さらに驚くべきは、RTX4080のスコアです。4090と3090Tiの丁度中間に位置しており、3090/3090Tiの優位性を完全に奪っています。

4080と3090Tiはほぼ同じ価格で、しかも消費電力は4080のほうが低いので、買うなら4080という感じですね。

その他の強化点

その他についても、ザックリですが記しておきます。

  • ストリーミング マルチプロセッサが新しくなった
  • Tensorコアは第3世代→第4世代に
  • RTコアは第2世代→第3世代に
  • NVIDIA DLSS 3に対応

世代間の競合グラボを比較!

よく議論の的となる、「世代をまたいでどれくらい強化された?」や「旧世代80番と新世代70番ってどっちが強い?」について解説していきます。

RTX4090 vs RTX3090Ti

RTX4090 RTX3090Ti
CUDAコア 16384 10752
VRAM 24GB
GDDR6X
24GB
GDDR6X
消費電力(TDP) 450W
Passmarkスコア 39114 29535

CUDAコアの増加量から、性能がかなり向上していると予想していましたが、Passmarkスコアを見るとやはり圧倒的。

RTX2080Ti→3090Ti→4090で、21836→29535→39114とスコアが上がっており、今回もハイエンドGPUは大進化でした。

RTX4090の実売は30万円からスタート。各PCパーツショップから発売が開始されています。(特設ページはこちら)

店頭限定販売だったショップもあるようです。

RTX4080 vs RTX3090(Ti)

RTX4080 RTX3090Ti RTX3090
CUDA 9728 10752 10496
VRAM 16GB
GDDR6X
24GB
GDDR6X
24GB
GDDR6X
TDP 320W 450W 350W
スコア 34951 29535 26605
参考価格 21万円~ 20万円~ 17万円~

RTX4080は、CUDAコア数で旧世代90番台に劣るものの、その他の部分での強化がかなり大きく、Passmarkスコアでは圧勝しています。

ゲーム用途では確実にRTX4080のほうが良いと思われますが、ご自身のプレイしたいゲームとの相性等を調べてからの購入をおすすめします。

また、RTX4080のほうが消費電力がかなり低いため、買い替え勢にとってもRTX4080のほうが魅力的です。

ただ、VRAM容量に非常に大きな差があり、用途の広さではRTX3090(Ti)に軍配が上がります。

ですが、価格がほぼ同じにも関わらずPassmarkスコアで大きな差があるので、基本的には4080を強くおすすめします。

実際、RTX3090は投げ売りされていることもあります。

RTX4070Ti vs RTX3090(Ti)

RTX4070Ti RTX3090Ti RTX3090
CUDA 7680? 10752 10496
VRAM 12GB?
GDDR6X?
24GB
GDDR6X
24GB
GDDR6X
TDP 285W? 450W 350W
スコア 29535 26605
参考価格 16.5万円~ 20万円~ 17万円~

RTX4080が3090TiにPassmarkで圧勝したことで、RTX4070Tiが3090Tiに並ぶ可能性も出てきました。

もしそうなれば、「3090Tiと同等の性能で、数万円安い」ということになり、かなり優位性のあるモデルになるでしょう。

消費電力も大幅に削減されていますので、電源を買うお金も節約できます。

しかしそれを考慮しても、「70番で16.5万円、消費電力285W」はどちらも高すぎるので、カジュアルゲーマーには手の出ないモデルになりそうです。

RTX4070Ti vs RTX3080(Ti)

RTX4070Ti RTX3080Ti RTX3080
CUDA 7680? 10250 8960 8704
VRAM 12GB?
GDDR6X?
12GB
GDDR6X
12GB
GDDR6X
10GB
GDDR6X
TDP 285W? 350W 350W 320W
スコア 27283 26554 25152
価格(参考) 16.5万円~? 12.5万円~ 11万円~

RTX4080が3090Tiを凌駕したので、RTX4070Tiはおそらく(CUDAコアが少ないですが)RTX3080Tiに性能で勝つと思われます。

しかし、RTX4070Tiは「RTX4080(12GB)」として発売予定だったモデルで、NVIDIAはこれを16万4800円~で売ると宣言していました。(参考)

ですから、4070Tiは3080、3080Tiとは完全に別枠で、むしろ3090、3090Tiと比較したほうが良いモデルであるといえます。

ですので、15~16万円で売られているRTX3080Tiは買わないほうが良いと思います。

auスマートパスプレミアムを使ってみませんか?

auスマートパスプレミアムなら、

  • 映画・音楽・アニメ見放題
  • 音楽聴き放題
  • 写真・動画を保存できるクラウドストレージ50GB

などを全て、月額548円(税込)で利用できます。まずは下のボタンをクリックして詳細をチェック!

\無料で30日間お試し/

※無料期間中に退会された場合、月額情報料は発生しません

RTX4070 vs RTX3080(Ti)

RTX4070 RTX3080Ti RTX3080
CUDA 5888? 10250 8960 8704
VRAM 10GB?
12GB
GDDR6X
12GB
GDDR6X
10GB
GDDR6X
TDP 250W以下? 350W 350W 320W
スコア ? 27283 26554 25152
価格(参考) 未公表 12.5万円~ 11万円~

「4080が3090Tiを大幅に上回った」ということで、RTX4070も3080Tiの性能を上回る可能性があります。

しかし、当サイトではRTX4070の価格を11~12万円と予想しており、もしそうなれば「消費電力だけ低いRTX3080Ti」になりかねません。

3080Ti→4070にしても、お得感が薄いかも?

また、RTX4070のCUDAコア数はかなり少なく、技術の進歩を考慮しても3080Tiに勝てるか疑問でもあります。

RTX4060Ti vs RTX3070(Ti)

RTX4060Ti RTX3070Ti RTX3070
CUDA 4352? 6144 5888
VRAM 8GB?
GDDR6?
8GB
GDDR6X
8GB
GDDR6
TDP 220W? 290W 220W
スコア ? 23599 22273

「8万円くらいで、RTX3070Tiと同等かちょい上」くらいになると予想します。

まだ情報が少ないため、これくらいにとどめておきます。

RTX3060以下の需要はまだまだ残りそう

これまでRTX4090~4070Tiの性能、価格が発表あるいはリークされていますが、いずれのグラボも10万円以上で、お得感があまりありません。

特に、カジュアルゲーマーの方やお子さん用にゲーミングPCを購入するご両親の方々にとって、良い選択肢が増えたとは言い難いです。

したがって、GTX1650~RTX3060あたりの「5万円以下グラボ」の需要はこれからまだまだ続きそうです。

この価格帯の大幅値下げは望めなくなりました…。

GTX1660SUPER以上であれば、ほとんどの人気ゲームで144fpsを出せますし、RTX3060なら今後数年は性能に困らなさそうです。

RTX4000シリーズを狙っていた方も、予算に大幅な余裕が無いのであれば、RTX3060以下で妥協するべきかもしれません。

参考記事

その他NVIDIA社の公式ページなど