未分類

グラボやゲーミングPCの値下がり・値上がりはいつ?値下がり前の値段は?

こんにちは。ガジェットブロガーのFeels(@Feels37)です。

この記事では、

  • グラボの値下がりをもっと待ったほうが良い?
  • グラボがいつ値上がりするか怖い…
  • そもそも、グラボが高騰する前の価格っていくらだったっけ?

という声に応えながら、グラボの今後の値下がり・値上がりについて詳しく解説していきます!

グラボ 高騰前の値段

Keepaや過去のWeb記事、当サイトの過去の記事などから、グラボの大規模な高騰が起こる前(2020年秋)の価格を入手しました。

2020年秋 2022/08/19
GTX 1660 SUPER 25,000円程度~ 28,980円~
RTX 2060 (6GB) 35,000円程度~ 37,980円~
RTX 3060 Ti 55,000円程度~(※) 63,980円~
RTX 3070 65,000円程度~(※) 74,800円~
RTX 3080 95,000円程度~(※) 108,000円~
RTX 3090 225,000円程度 199,980円~

※・・・ご祝儀価格なので、本来はもう少し安かった可能性あり

一部グラボは既に値下がり済み

GTX 1600 SUPER

  • 価格高騰前・・・25,000円程度~
  • 現在・・・29,000円程度~

フルHDの最低設定なら120~200fpsを出せる、勝てればOKの人向けの高コスパGPUです。

GTX1660SUPERの価格は、2020年秋のグラボ価格高騰前の価格にかなり近くなっており、ほぼ値下がりは済んだといえます。

あと3、4千円下がれば完全に価格が戻った形になりますが、それよりも1660Sが売り切れるほうが可能性としては高そうです。

RTX3050に取って代わられると予想しています。

ミドルローグラボの主力をRTX3050に切り替えるために、在庫処分が行われている可能性もあります。

GTX1660Sは、Apex Legendsなどの高負荷のゲームをサクサク動かせるグラボの中では最安です。売り切れる前に手に入れておきましょう。

GTX 1660 SUPER

↓売り場へのリンクはこちら

RTX 2060

  • 価格高騰前・・・35,000円程度~
  • 現在・・・37,980円程度~

GTX1660Sよりも性能が高く、先の長い活躍が期待できるグラボです。

RTX2060も、値下がりがほぼ終わっている段階です。

高騰前と比べて3000円程度しか差がなく、もう大きな値下がりは見込めないと思います。

また、(Geforceには)RTX2060の競合が存在せず、GTX1660Sと違ってまだまだ市場に残りそうです。

RTX2060

↓売り場へのリンクはこちら

他のグラボは値下がりの余地がある

値下げ時期はRTX4000シリーズの登場時?

Image by Freepik

RTX4000シリーズが、今年の秋以降に発売されるというニュースが出ています。(参考)

RTX4000シリーズの登場により、RTX3060Ti~RTX3090Tiが投げ売り(=大幅値下げ)される可能性があります。

これについては、この記事で詳しく解説していますので、ぜひお読みください。

中古品には注意

Image by jcomp on Freepik

グラボの値下がりには、ビットコイン価格の急落が影響しています。

ですから、中古品グラボはビットコインのマイニングで酷使されたものが混じっており、注意する必要があります。

マイニングとは?

ビットコイン管理の事務を手伝って、報酬としてビットコインを得る行為のこと。
グラボをフルパワーで長時間稼働させるため、グラボへの負担は大きい。

中古グラボだと1ヶ月しか保証がないショップもありますので、保証期間には十分お気をつけください。

値上がりの可能性は?

ビットコインが3万ドル超えしたとき?

ビットコインの価値が上がると、ビットコインの大規模マイニングをビジネスとする企業達がグラボを買い占めるので、グラボは大きく値上がりします。

下のグラフを見ると、値上がりが始まるのは1BTC=30,000USDあたりがボーダーだと考えられます。

(値上がりが始まったのが2021年1月、値下がりが始まったのが2022年6月あたり)

現在は約2万ドルまで落ち込んでおり、このまま下がればグラボ高騰はなさそうです。

しかし、2022年8月26日から「ジャクソンホール会議」が開催され、これにより何かしらの動きがあるかもしれません。

円安も考慮する必要あり

昨今進んでいる円安も考慮する必要がありそうです。グラボは基本的に輸入品であるため、このまま円安が続くとグラボ価格は高くなってしまいます。

1ドル130円の状態だと、1ドル100円のときに50000円だったグラボは65000円まで値上がりする計算です。

なお、店舗が在庫をある程度確保しているということもあり、それほど顕著な影響は今のところ出ていません。

しかし、この円安がいつまでも続くとなれば、グラボ価格が円安の影響を受けて高騰することは間違いないでしょう。

また、RTX4000シリーズは今からの発売のため、店舗在庫による影響緩和が期待できませんので、かなり高くなってしまうかもしれません。

価格チェッカーを使おう

当サイトでは、グラボやゲーミングPCの価格を1週間に1回更新している「価格チェッカー」を運営しています。

下の記事に掲載しておりますので、ぜひお読みください!