PC

最新の内蔵グラフィックスは「ヤバい」。ビジネスノートPCでゲームも?

こんにちは。Feelsです。最新ノートPCの性能に驚いています。

この記事では、

  • 内蔵グラフィックスって?
  • 最新の内蔵グラフィックスについて知りたい!

という声に応えていきます!

内蔵グラフィックスとは?

CPUとGPU

PCの中には「CPU」と呼ばれる、PCの脳ともいえるパーツが必ず入っています。

ですが、実はCPUだけでは画面に情報を映し出す事ができません。

そこで画面が映るように、PCの中には「GPU」と呼ばれる、CPUに似た別のパーツも入っているのです。

GPUの難点

GPUはめちゃくちゃ発熱するので、グラフィックボードというデカい排熱機構が一緒じゃないと使えません。

↓グラフィックボードの例

ですが、こんなものをノートPCに入れたら分厚いし重いので不便です。

消費電力も上がるので、充電器もデカくしないといけないし、値段も高くなって売れなくなるし・・・

というわけで、ノートPCにはGPUを入れるわけにはいかない!となるわけです。

ここで登場「内蔵グラフィックス」

それでもノートPCの画面が映る理由は、CPUに「内蔵グラフィックス」が入っているからなんです。

略さず言うと「CPU内蔵グラフィックス」で、CPUにGPUの機能を詰め込んだ感じになっています。

これでグラフィックボードの力を借りなくても、ノートPCの画面が映るようになったというわけです。

グラボ搭載のノートPCもある

グラフィックボード(略してグラボ)を搭載したノートPCもあります。

値段はそれほど高くないですが、大きい・重い・分厚いモデルしかないので持ち運びには不向きです。

また、バッテリー持続時間が短いということもあり、少なくともビジネスには向きません。

一方、こんな人にはおすすめです。

ゲーミングノートがおすすめな人
  • 基本は家で使う
  • でも、持ち運べるPCが1台は欲しい
  • ゲーミングデスクトップを買うつもりはない

この3つが揃っている人、結構いるのではないでしょうか?そんな人には、ゲーミングノートはおすすめの選択肢です。

内蔵グラフィックスの欠点

低発熱・省スペース・省電力」で最高のように見える内蔵グラフィックスですが、もちろん欠点もあります。

それは「パワーも小さい」こと。内蔵グラフィックスには、本物のGPUの半分以下の性能しかありません。

内蔵グラフィックスだと厳しいこと

  • 画像編集(illustratorなど)
  • 動画編集
  • 3Dゲーム

最近の内蔵グラフィックスである「Intel Iris Plus Graphics」だと、画像編集はストレスなくできるようになりましたが、下2つはまだまだ厳しいです。

Intel iris plusについては下の記事で詳しく解説しているので、合わせてお読みください。

特に3Dゲームは厳しい!

これまでの内蔵グラフィックスは、特に3Dゲームが苦手でした。

ほとんどのゲームでは「解像度・画質」を選べますが、その全てを最低に設定してもまともに動きません。

できないゲームの例
  • Apex Legends(確認済み)
  • PUBG(確認済み)
  • CS:GO(確認済み)
  • ARK: Survival Evolved(絶対無理)
  • Fall Guys(多分無理)

ということで、「あれ?PC用意したのにゲームできないぞ?」となってしまうケースも発生します。

最新の「Macbook M1」がスゴい!

2020年11月、そんな内蔵グラフィックスのイメージを覆す商品がAppleから発売されました。

それが「M1チップ」搭載のMacbookです。

Macbookにはグラボがありませんから、代わりにM1チップに内蔵グラフィックスが入っています。

GPU「GTX1050Ti」相当

M1チップの性能はなんと、本物のGPUである「GTX1050Ti」と同等。(参考)

1050Tiは記事執筆時点で5年落ちのGPUですので、「GPUなんてもう要らない!」というレベルでは全くありませんが・・・

これまでの内蔵グラフィックスとは一線を画すほどの高性能です。画像編集・動画編集でのストレスも大きく軽減されるでしょう。

M1チップ登場前は最強だった「Intel Iris Plus Graphics」はGTX650相当でした。

GTX650は9年落ちのグラボなので、そこから4年も進化しています。

対応ゲームは少ないので注意

Macbookのグラフィック性能が上がっても、ゲーマーにとっては別に嬉しくなかったりします。

その理由は、MacOSに対応しているゲームは少ないからです。例えば、Apex LegendsやPUBGは対応していません。

ARK: Survival Evolvedは対応しているなど、ゲームによって対応状況は異なりますので、お気に入りのゲームがMacOSにに対応しているかは是非チェックしましょう。

「Xe Graphics」もスゴい

「Xe Graphics」は、2020年秋から発売されているintel Core第11世代に入ってる内蔵グラフィックスです。

これも、画像編集・動画編集などはもちろん、ある程度3Dゲームができるほどに高性能です。

第11世代Intel Coreであっても、Core i3にはXe Graphicsが入ってないので注意しましょう。

GPU「GTX1050」相当

このブログ調べでは、Xe Graphicsの性能は「GTX1050」相当です。

上に述べたMacbook M1にはワンランク及ばないものの、内蔵グラフィックスとしては驚くほどに高性能です。

Apex Legendsができる!

例えば、最新(?)3Dゲームである「Apex Legends」であっても、解像度や画質を限界まで下げればプレイできます。

ゲームは「勝てば良い」という世界なので、ビジュアルがショボくても耐えられるんですよね。

下の記事では、Xe Graphicsの性能を動画も紹介しつつ詳しく解説しています。ぜひお読みください。

グラボの進化もスゴい

一方、グラボの進化も最近めちゃくちゃスゴいです。

内蔵グラフィックスが性能で追いついてきても、圧倒的に引き離すペースで成長しています。

2年前だったら15万円超の性能が、今なら8万円弱で手に入るという意味のわからない世界になっています。

遠隔でグラボを使えるサービスも

また、ノートPCでもそういう高性能グラボの恩恵を受けられるサービスもあります。

「Geforce NOW」というサービスでは、会社が用意したグラボの処理結果をリアルタイムでPCに送信することで、ノートPCでもゲームができてしまいます。

対応タイトルにはApexやR6Sなどもあり、これらも最低FPSが60以上、平均FPS80以上で動きます!

まとめ

  • 内蔵グラフィックスはGPU(グラボ)に負ける
  • Macbook M1、Xe GraphicsはGTX1050(Ti)相当
  • 画像編集・動画編集はかなり快適、画質によればゲームも可
  • Geforce NOWを使うことでもゲーム可

ゲームブログなのでゲームについてばかり語りましたが、Macbook M1とXe Graphicsはビジネス・デザインでもかなり能力を発揮します。

というか、ビジネス・デザインが内蔵グラフィックスの本領で、ノートPCで高負荷なデザインもできるのは大きいです。