Surface

Surface book 3のGPU(グラフィックス)について解説


Warning: imagecreatetruecolor(): Invalid image dimensions in /home/c7820697/public_html/feeloneslife.com/wp-content/plugins/pz-linkcard/pz-linkcard.php on line 1658

Warning: imagecopyresampled() expects parameter 1 to be resource, bool given in /home/c7820697/public_html/feeloneslife.com/wp-content/plugins/pz-linkcard/pz-linkcard.php on line 1659

Warning: imagejpeg() expects parameter 1 to be resource, bool given in /home/c7820697/public_html/feeloneslife.com/wp-content/plugins/pz-linkcard/pz-linkcard.php on line 1660

こんにちは。このブログを始めてからすっかりSurfaceおたくのFeelsです。

Surface book 3には色々なモデルがありますが、大きな違いはグラフィックボードの性能です。

この記事では、Surface bookに搭載されているグラフィックボードの違いについて解説していきます。

Surface book 3搭載のグラボを整理

Surface book 3には色々なモデルがあります。表に整理してみました。

注意

Microsoft公式サイトでは、15インチのグラフィックスが「1660」「1660Ti」であるという記述が両方見られます。PRESS:SELECTでは、色々な他サイトさんを参考にして、「1660Ti」が正しいと判断しました。

法人向けにはQuadro RTX 3000を搭載したものも

法人向けのSurface book 3には、上の表で紹介していないモデルもあります。

搭載しているのは「Quadro RTX 3000 Max-Q」。1660 Ti Max-Qよりもさらに高性能です。

スペックは「Geforce RTX 2060 Max-Q」とほぼ同等と言われています。(情報元:techinical.city)

Quadroはクリエイター向け

Quadroはゲームを動かすのが苦手な分、クリエイター向けのソフト(動画編集、画像編集、3Dモデル製作など)を動かすのが得意です。

大きな特徴として、Quadroは10億6433万色の再現が可能な点があげられます。

美術系のクリエイターにはとても重宝するでしょう。(Geforceは約1677万色)

一方、取り扱いの規模がGeforceよりも小さく、価格が高めになっています。

Iris Plusは力不足感が否めない

Surface bookの最安モデルに搭載されている「Iris plus」はCPU内蔵グラフィックスです。

Surface pro 7にも搭載されており、内蔵グラフィックスの中ではかなり高性能です。

3D描画が苦手で、まともに動かせない

内蔵グラフィックスは、コンパクトで価格も抑えられる分、性能は低くなっています。

最近の最安グラフィックボード「GTX1050Ti」(15000円くらい)の3分の1くらいの実力しかないのが現状です。

1050Tiですら3Dゲームには向かないので、Iris plusが3D描画が苦手なのは明白です。(実際にApex Legendsなどプレイみましたが酷いものです)

3Dモデルを画面上で動かすのにも手間取ると思われますので、活動が絞られてしまうのは避けられません。

「Iris Plus Graphics」について、詳しくは下の記事へ。

GTX 1650はかなりおすすめ!

Surface book 3 13.5inchの上位モデルには、「GTX 1650 Max-Q」というGPUが搭載されています。

2Dグラフィックだけでなく、3DCGの制作にも十分使える性能を持ち合わせています。

3Dゲームは1080pならいける

わざわざSurface book 3をゲーミング目的で買うことはないと思いますが、筆者の趣味でゲーミング性能の解説もしておきます。

GTX 1650は、1080p/60fpsが出れば良いのであればおすすめです。(ゲームによって設定をいじる必要はありますが・・・)

つまり、Surface book 3でのゲーミングには最適です。

Surface book 3のモニターのリフレッシュレートは60Hzなので、60fpsまでしか表現できないからです。

一方、Surface book 3のモニターの解像度は2000p、つまり4Kです。

GTX 1650は4Kゲーミングには完全に力不足ですので、その点を注意する必要があります。

GTX 1660 Tiはかなりの負荷に耐えてくれる

Surface book 3 15inchには、どのモデルにも「GTX 1660 Ti」というGPUが搭載されています。

かなりの高負荷もこなしてくれる高性能GPUですよ!

実はコスパの高いGPUとして有名

ゲーミングPCの世界でも、GPU選びは重要になってきます。

その中で、「1660Ti」は最もコスパが高く、3D描画もしっかり行ってくれるので人気なんです。

3Dゲームにも強いが・・・

ほとんどの3Dゲームを1080p/120fpsで動かす実力の持ち主です。

でも、Surface book 3のモニターでは60fpsまでしか表現できないのであまり意味はないです。

逆に、GTX 1660 Tiはほとんどの3Dゲームを1440p/60fpsで動かせるので、1440pでのプレイがおすすめです。

4Kまではいきませんが、かなり高画質でゲームをプレイできます!

数字のうしろの「Ti」「Max-Q」って何?

最後に、Geforce製品の数字の後ろにたまに付いている「Ti」や「Max-Q」の意味について解説します。

「Ti」は「ちょっと性能アップ」という意味

「Ti」がついている製品は、「Ti」のない製品よりも性能が高いです。

ですが、数字が大きいほうが性能が高いです。

例) 1650 < 1650 Ti < 1660

ちなみに、「1650 SUPER」など、SUPERとついている製品もあります。これも「ちょっと性能アップ」という意味です。

SUPERはTiの下、無印より上という位置づけです。

Max-Qは「モバイル向けで薄型」という意味

「Max-Q」は、ノートPCなど向けに薄型の設計がされたGPUで、ゲーミング・クリエイター向けノートPCによく搭載されています。

Max-Q無しの製品よりわずかに性能は劣りますが、気にする程度ではありません。

まとめ

  • Iris Plusは3D性能に難あり
  • GTX1650ならひとまず安心
  • GTX1660Tiは3Dゲームにも耐える高性能GPU
  • 法人向けSurface book 3にはQuadro RTX 3000 搭載モデルもある