PCゲーム

Conoha VPSとAgamesを徹底比較!使いやすいのは?【マイクラ有料サーバー】

こんにちは。ガジェットブロガーのFeels(@Feels37)です。

この記事では、

  • 無料マイクラサーバーの機能は微妙だから、有料に乗り換えたい!
  • Conoha VPSとAgames、どっちがいいかわからない・・・

という人向けに、Conoha VPSとAgamesを徹底的に比較して、違いを解説していきます!

\無料クーポンで今すぐ試す/

※今なら割引きっぷキャンペーンもありWでお得!

\MOD・配布ワールドに強い/

※サーバー内ファイルの操作が簡単!

Conoha VPSについて

Conoha VPSはGMOインターネットが提供しているレンタルサーバーの一種です。

「Minecraft自動構築機能」が付いており、Minecraftサーバーを1クリックで作れるため、非常に便利です。

最近ではMinecraftサーバーにさらに力を入れており、「Minecraft Manager」という専用機能も追加されています。

料金体系

1GBプラン 2~3人向け 月額968円または1.7円/時
2GBプラン 3~4人向け 月額1,848円または3.3円/時
4GBプラン 5~10人向け 月額3,608円または6.6円/時
8GBプラン 11人以上向け 月額7,348円または13.2円/時

Conoha VPSの料金体系はこのようになっています。

月額と時間料金の2つがありますが、時間ごとの計算と月額で、安いほうが請求されます。

また、長期契約をすればこれよりお得に利用できます。この下で詳しく解説します。

長期契約(割引きっぷ)でお得!

Conoha VPSには「VPS割引きっぷ」というシステムがあります。

簡単に言うと「最初に期間を決めて契約すれば少し安くなる」システムです。(下の割引率は1GBプランの場合)

  • 3ヶ月契約なら約2%値下げ
  • 1年契約なら約18%値下げ
  • 3年契約なら約25%値下げ

3ヶ月以上の長期間にわたってMinecraftサーバーを運用したいなら、「VPS割引きっぷ」がおすすめです。

\無料クーポンで今すぐ試す/

※今なら割引きっぷキャンペーンもありWでお得!

\MOD・配布ワールドに強い/

※サーバー内ファイルの操作が簡単!

Conoha VPSのメリットを詳しく解説!

Agamesより快適

後ろのほうで詳しく解説しますが、Conoha VPSはAgamesよりも、Minecraftを快適にプレイできます。

全体的なFPSが高く、Mobの動きなどの遅延もConoha VPSのほうが小さかったです。

この記事では、両方のサーバーの2GBを実際に試して比較しています!(詳しくはこちら)

長期契約で安くなる

上でも書きましたが、Conoha VPSは長期契約を行うと、「VPS割引きっぷ」が適用されて安くなります。

Agamesには長期契約による割引がないため、この点がConoha VPSの大きなメリットだと言えるでしょう。

1年契約(12ヶ月契約)以上の長さになると、一気に割引率が高くなるため、12ヶ月以上利用するならConohaがおすすめです。

超短期利用にもおすすめ

▲Conohaの別サービス「Conoha WING」の説明ですが、課金形態は同じです

Conoha VPSには、時間ごとに料金が発生する制度があります。

例えば2GBプランは「月額1,848円または3.3円/時」であり、一ヶ月の利用料金が1,848円になるまでは時間で計算されます。

この制度により、「ちょっと試してみたい」「今夜だけサーバーをレンタルしたい」という場合には非常に安く済みます。

Agamesにはこの制度は無いため、Conoha VPSが持つ大きなメリットと言えるでしょう。

700円クーポンを使用可能

このサイトからConoha VPSに申し込めば、700円分のクーポンを受け取ることができます。

このクーポンを使えば、それぞれのプランを無料でお試しできます!

1GBプラン 約17日間無料
2GBプラン 約8.8日間無料
4GBプラン 約4.4日間無料
8GBプラン 約2.2日間無料

筆者おすすめは、「2GBプランを8.8日間お試し」です。

2GBあれば、4人程度の人数には耐えられますし、1週間以上お試しできるので使用感もしっかりわかり、おすすめです。

\無料クーポンで今すぐ試す/

※今なら割引きっぷキャンペーンもありWでお得!

\MOD・配布ワールドに強い/

※サーバー内ファイルの操作が簡単!

その他のメリット

他にも、Conoha VPSがAgamesに勝っている点はいくつかあります。たとえば・・・

  • バージョンアップがワンクリックで可能(Agamesは少し面倒)
  • バージョンダウンも1.12.2までなら可能
  • ホワイトリストを簡単にいじれる
  • ゲームモードを簡単に変更可能

特に、バージョンダウンはAgamesにはない大きなメリットです。

Agamesについて

Agamesは、マインクラフトサーバーを積極的に提供している、サーバーレンタルサービスです。

AWAKENING合同会社という神奈川県の会社が運営しており、公式Twitterは2019年9月から動いているようです。

Conoha VPSと比べると、マイクラサーバー界隈の中では新参者です。

料金体系

メモリ1GB 2~3人向け 月額485円~(プレミアム: 900円~)
メモリ2GB 3~4人向け 月額885円~(プレミアム: 1200円~)
メモリ4GB 5~10人向け 月額1,450円~(プレミアム: 1,900円~)
メモリ8GB 11人以上向け 月額1,700円~(プレミアム: 2,500円~)

※1.17以上のJava版は、1GBメモリーで正しく動作しないそうです。筆者は2GBで検証しています。

Agamesのマインクラフトサーバーの料金体系は、このようになっています。

契約期間による料金の変化は現状無く、サーバー自体の性能(CPU性能、ストレージなど)や回線の速さ等で料金が変化します。

メモリ4GBだと、普通のプランとプレミアムがほぼ同額のため、4GBの際はプレミアムにしてみると良いでしょう。

\無料クーポンで今すぐ試す/

※今なら割引きっぷキャンペーンもありWでお得!

\MOD・配布ワールドに強い/

※サーバー内ファイルの操作が簡単!

Agamesのメリットを詳しく解説!

Conoha VPSの約半額で使える

Agamesの料金は非常に安く、Conoha VPSの約半額です。

Conoha VPS Agames
メモリ1GB料金 月額968円
または1.7円/時
月額485円~
(プレミアム: 900円~)
メモリ2GB料金 月額1,848円
または3.3円/時
月額885円~
(プレミアム: 1200円~)
メモリ4GB料金 月額3,608円
または6.6円/時
月額1,450円~
(プレミアム: 1,900円~)
メモリ8GB料金 月額7,348円
または13.2円/時
月額1,700円~
(プレミアム: 2,500円~)

プレミアムでなければどのプランもConoha VPSの半額以下で、メモリが大きくなるほど価格差も大きいです。

特に4GBのプレミアムは非常にコスパが高くおすすめです。MODを動かすにはメモリが多く必要なので、MODサーバーで遊びたい方はぜひ。

Modサーバーを簡単に構築できる

Agamesでは、Forgeをワンクリックで導入できるので、Modサーバーで遊びたい場合に最適です。

この直後に紹介するファイルマネージャーを使えば、「mods」フォルダに簡単にmodを置けるため、modサーバーを簡単に作れます。

Conoha VPSでModサーバーを構築するには、下のConoha公式記事の2時間目~4時間目をほぼ全て行わなければならず、かなりしんどいです。

ファイルマネージャー付き

▲Agamesのファイルマネージャー。TXTやJSONの直接編集も可能。

Agamesのサーバーにはファイルマネージャーが付いているため、サーバー内のファイルを簡単にいじれます。

「server.properties」をいじれば、配布ワールドの導入やゲームモードの変更なども簡単に行えます。

一方Conoha VPSでは、ファイルマネージャーの機能を使うには外部ソフト(Filezilla等)が必要になり、非常に面倒です。

\無料クーポンで今すぐ試す/

※今なら割引きっぷキャンペーンもありWでお得!

\MOD・配布ワールドに強い/

※サーバー内ファイルの操作が簡単!

FPS・快適度比較

Conoha VPSとAgamesで、Minecraftの快適度を比べてみました。

使用したPC・回線

今回の検証で使用したPCや回線の状況はこちらになります。

PC Surface Pro 7
CPU Core i5-1035G4 (4C/8T@1.10GHz)
内蔵グラフィック Intel Iris Plus Graphics (GTX 650相当)
メモリ 8GB
回線下り 71Mbps
回線上り 78Mbps

ノートPCでMinecraftをする人も多いと考え、今回はノートPCでの検証としました。

比較表

Conoha VPS Agames
使用プラン 2GB Xeon CPU 3.0~3.5GHz
1Gbps回線
メモリ 2GB
FPS(地形読み込み) 40FPS程度 30FPS程度
FPS(平常時) 50~60FPS(貼り付き) 40~50FPS
ダメージ判定の遅延 なし なし
ノックバックの遅延 僅かにあり 僅かにあり
Conoha VPSの1.5倍程度
アイテム化の遅延 なし なし

FPSで10以上の差がついており、これが快適さにかなり響いています。

シングルプレイと似た感覚で遊びたいなら、Agamesでは少し快適さが足りない印象ですので、Conoha VPSをおすすめします。

40FPS程度でも耐えられるなら、AgamesはConoha VPSの約半額なので、Agamesのほうが良いでしょう。

\無料クーポンで今すぐ試す/

※今なら割引きっぷキャンペーンもありWでお得!

\MOD・配布ワールドに強い/

※サーバー内ファイルの操作が簡単!

比較まとめ

Agamesは使用版ではなく、月額プランで検証しています。性能差は無いと思いますが一応。
Conoha VPS Agames
運営会社 GMOインターネット株式会社
(東証一部上場)
AWAKENING合同会社
無料クーポン
(受取にはここから申込!)
長期契約割引
ゲームモード変更
変更は非常に簡単

server.propertiesを
簡単にいじれる
バックアップ
自動バックアップあり

手動のみ
OP権限付与
ホワイトリスト
Forge導入
煩雑な手順が必要

ワンクリックでOK
ファイルマネージャー
メモリ1GB料金 月額968円
または1.7円/時
月額485円~
(プレミアム: 900円~)
メモリ2GB料金 月額1,848円
または3.3円/時
月額885円~
(プレミアム: 1200円~)
メモリ4GB料金 月額3,608円
または6.6円/時
月額1,450円~
(プレミアム: 1,900円~)
メモリ8GB料金 月額7,348円
または13.2円/時
月額1,700円~
(プレミアム: 2,500円~)
どんな人におすすめ? 安定性重視の人
旧バージョンで遊びたい人
コスパ重視の人
MODや配布ワールドで
遊びたい人
※無料クーポン自動適用

バニラサーバーでのプレイであれば、Conoha VPS・Agamesどちらも2GBプランをおすすめします。

MODサーバーをプレイするなら、Agamesの4GBプラン以上が良いでしょう。4GBなら少額でプレミアムにできますので、ぜひプレミアムにしてみては。