PCゲーミング

MinecraftのマルチプレイをConoha VPSで行う全手順【無料クーポンあり】

こんにちは。エンダーパールの扱いが下手なFeelsです。

この記事では、「Conoha VPS」でマイクラを遊ぶまでの全手順を紹介していきます。

この記事から登録すると、1000円分の無料クーポンももらえます!(2020年10月15日現在)

Conoha VPSのメリット・デメリット

手順説明の前にConoha VPSについて簡単に解説。

  • サーバーをレンタルするので安全
  • RAM容量を選べるので大人数にも対応
  • Minecraft Managerで管理も簡単
  • Mod使用可・(知識があればおそらく)配布ワールドプレイ可
  • 無料クーポンで始められる
  • 他サービスに比べて料金が高い
  • Realmsのコンテンツはもちろん遊べない

2GBプランだと月1680円になりますが、サーバーの自由度や高速性を考えると、利用する理由は十分にあるでしょう。

ちなみに、最初の無料クーポンで2GBプランを約8日間試せます。

\無料クーポンがもらえる/

※クーポン残高は時間ごとに減っていきます

1. アカウント登録

まずはアカウントを作成しましょう。下にあるバナーをクリックして公式サイトに移動します。

表示された画面にある、「今すぐお申し込み」と書いてある緑のボタンをクリックしてください。

入力フォームが表示されます。「はじめての方」から始まるところを埋めていきましょう。法人名は空欄で構いません。

「次へ」をクリックすると、電話認証・SMS認証の画面になります。

電話認証・SMS認証

電話番号を入力して、「SMS認証」もしくは「電話認証」をクリックしてください。

  • SMS認証・・・送られてきたショートメールに書かれている認証コードを次の画面で入力してください。
  • 電話認証・・・入力した電話番号へ着信がありますので、ガイダンスに従ってください。

支払い方法の設定

認証に成功すると、次はお支払い方法の選択画面になります。

筆者はすぐにVPSを使いたかったのでクレジットカードにしましたが、Conohaチャージ、Conohaカードといった方法も選べます。

2. 自分のサーバーを作ろう

サーバーのメモリ容量選択

お支払い方法の設定が完了すると、いよいよサーバーを借りる画面に移ります。

初めに「サービス」の横にある「Minecraft」をクリックします。

すると、それぞれのメモリ容量の上に推奨プレイヤー数が表示されるようになります。

料金の上の「1GB」「2GB」・・・は、簡単に言うとサーバーの処理能力の高さを表しています。

筆者は「3人以上なら2GB必要」だと思っているので、今回は2GBを選択。

POINT

Conoha VPSではMod等も導入できますが、それらにもメモリ(処理能力)は使われます。

つまり、ここで推奨されたプレイヤー数以下であっても、Modなどの入れようによっては処理能力が足りず、動作が重くなることがあります。

VPS割引きっぷって?

月額支払いではなく、一定期間分の料金をまとめて支払うことで、料金が安くなるサービスです。

VPS割引きっぷを選んだ場合でも、無料クーポン分は割引されます。

イメージタイプの選択

「イメージタイプ」で、マイクラ統合版のサーバーを作るか、Java版のサーバーを作るかを選択できます。

スマホやPS4、SwitchやXbox等のマイクラは統合版です。PCの場合は統合版とJava版の両方がありますので、自分が持っているマイクラはどっちなのか必ず確認してください。

※統合版とJava版は一緒にマルチプレイできません


▲Java版の場合は、タイトル画面のロゴに「JAVA EDITION」と書いてある

筆者と筆者の友達が持っているのはJava版なので、今回は「Minecraft Java版」を選択。

統合版の場合は、以下の記事をお読みください。

オプションについて

最後にオプションの設定です。

「rootパスワード」で入力したものが、あなたのサーバーのパスワードになります。どのサービスでも使っていない、新しいものを用意してください。

rootパスワードは、後述のMinecraft managerを利用するときに必要です。

ネームタグは、いじってもいじらなくても構いません。

「オプションを見る」をクリックすると、なんか色々出てきますが、すべてそのままでOKです。

自動バックアップを有効にすると、安心ではあるものの追加料金がかかるので注意してください。

画面右に「次へ」か「追加」と書かれた水色のボタンがあると思いますので、そこをクリックすると、サーバーが作成されます!

水色のボタンを押すとロードが始まりますが、このロードには時間がかかることもあります。気長に待ちましょう。

3. Minecraftでサーバーに入ろう

IPアドレスをメモする

サーバーが出来たので、さっそくサーバーに入りましょう!

サーバーリストにさっき作ったサーバーがありますので、ネームタグのところをクリック。

すると、サーバーの管理画面に移りますが、このときに下のような注意書きが表示されます。

「Minecraft Manager」についてはこの記事のさらに下の方で説明しますが、今は「閉じる」をクリック。

「IPアドレス」が書かれていますので、それをメモします。

Minecraft側の操作

サーバーのIPアドレスをメモしたら、Minecraftを起動させ、「マルチプレイ」を選択します。

注意書きが出てきますが、「続ける」をクリック。

このような画面になったら、「サーバーを追加」をクリック。

「サーバーアドレス」に、先ほどメモしたIPアドレスを入力します。

入力し終わったら、「完了」をクリックします。

※「サーバー名」はそのままでも、好きなものに変えても構いません。

新しいサーバーが追加されています。サーバーをクリックして、サーバー画像の上に出てくる「▶」か、画面左下の「サーバーに接続」をクリックします。


▲サーバーの右にあるメーターが緑なら、設定成功はほぼ確定です

しばらく待つと、自分がサーバーのワールドにスポーンし、遊べるようになります!


▲F3を押すと見れる情報では、60fpsを記録しています

エラーが出るときはサーバーのIPアドレスが合っていない可能性が高いです。サーバーが起動中かどうかもチェックしてください。

\無料クーポンがもらえる/

※クーポン残高は時間ごとに減っていきます

番外編1. Minecraft managerについて

2020年9月に、ConohaのMinecraftサーバーに「Minecraft manager」という新機能が登場しました。

この機能を使えば、Minecraftのバージョンのアップグレードや、ゲームモードの変更が簡単に行えるようになります。

(これまでは「コンソール」からプログラムをいくつも書く必要があったのです・・・)

Minecraft managerへの入り方

サーバー管理画面の「Minecraft管理」をクリックすると、Minecraft managerに移動します。

ログインを求められたら、ユーザー名に「root」、パスワードにはサーバー開設時に入力した「rootパスワード」を入力してください。

できること

Minecraft managerの中身はこんな感じです。

  • Minecraftのバージョンアップができる
  • バックアップの作成・復元ができる
  • ゲームモード(※)の変更ができる
  • 自動バックアップのオンオフ切り替え(※※)

※・・・・「クリエイティブ・サバイバル・アドベンチャー」などのモードのことです。「ピースフル」等難易度の変更はできません。
※※・・・追加料金がかかるかもしれません

Conohaに直接問い合わせたところ、Minecraft managerから作成するバックアップは、自動・手動問わず無料だそうです。

バックアップの注意点

画面右の「バックアップ」をクリックすると、ワールドのバックアップを自動で行ってくれます。

「バックアップ名」には半角英数字と「_」しか使えないので注意してください。(「backup 11/22」や「backup 1122」はダメ)

作成したバックアップは、「バックアップ一覧」から「リストア」をクリックすれば復元できます。

できないこと

Minecraft Managerはできたてのサービスなので、できないことも結構あります。

  • 難易度変更(今はイージー固定)
  • PvP(味方ダメージ)のオンオフ切り替え
  • ホワイトリストの設定

など・・・

これらの機能にはこれから対応する可能性も十分あります。

難易度を今すぐ変えたい場合は、この記事をご覧ください。

番外編 Modサーバーを作ろう

MODサーバーについては以下のページで紹介されていましたので、こちらをご覧ください。

もうひとつサーバーを作ることになるので少し大変ですが、頑張りましょう。

配布ワールドをプレイするには?

上にある「Conoha VPSサポート」を参考にして配布ワールドを入れられないかと頑張ったのですが、筆者のプログラミング技術では無理でした。

サーバーの仕組み的にはできそうな気もするので、チャレンジしてみるか、Conoha公式がやり方の記事を書いてくれるまで待ちましょう・・・

※「Ubuntu」の知識があればいけそうな気も・・・?

まとめ

  • Conoha VPSは安全で管理も簡単、RAM容量も選べる
  • バニラサーバーなら、初めてでも15分程度で構築できる
  • Minecraft managerを使えばバージョンアップ等も簡単

最初は1000円分のクーポンがもらえる(2020年10月15日現在)ので、ぜひ利用してみてください。

筆者のときは700円クーポンだったので、ちょっとうらやましいです・・・

\無料クーポンがもらえる/

※クーポン残高は時間ごとに減っていきます