PCゲーミング

300円のELECOM「スタンダードマウスパッド」。ゲーミングでもギリいける?

こんにちは。ブログをサボってApex LegendsばかりしているFeelsです。

ELECOMの激安マウスパッド「基本を押さえたスタンダードマウスパッド」のレビューをしてみました。

実際に20時間以上使ってみましたが、かなり満足しています。ゲーミングにも割と使えています。

300円で買ってきた

諸事情でゲーミングマウスパッドが手元になくなってしまいました。

3000円ほど出して買うのももったいない気がするので安いもので妥協することに。

近所のビックカメラに300円で売っていたのでこれを購入。


▲低価格マウスパッドが並んでいる中で、一番分厚くてしっかりしてそうなのがこれでした

開封するとこんな感じです。

サイズ・厚みについて

商品サイズは150mm×180mm×2mmで、一円玉と厚みを比べるとこんな感じ。


▲ほんの少しだけスタンダードマウスパッドのほうが分厚いです

G502を置いてみた

ゲーミングマウスを置いたときのサイズ感はこんな感じです。

全然サイズが足りてないような気もします。

FPSゲームで使ってみた

このマウスパッドを使って、PC版の「Apex Legends」を20時間ほど実際にプレイしました。

ストレスはほとんどなし

サイズが足りてないような気もしましたが、一度もマウスがはみ出ることはありませんでした

マウスパッドが滑ったりすることもなく、快適です。

ランダムな模様が良いらしい

このマウスパッドは「ランダムドットパターン」が売りなようです。

表面に不規則な模様を印刷することで、光学式・レーザー式マウスが移動する際に移動方向や距離を誤って認識する問題を低減します。
(パッケージより引用)

前に使っていたゲーミングマウスパッドは一面黒でしたが、そんな問題は無かったんですが・・・

とにかく、この「スタンダードマウスパッド」を使っても、FPSゲームでも一度も問題は起きていないので大丈夫でしょう。

スタンダードマウスパッドの注意点

DPI(感度)の設定が小さい人は要注意

僕はマウスの設定が2000DPI、Apex Legendsの設定が感度10です。

この設定だと、マウスを5cm弱動かせば視点が1周します。

僕の体感ですが、視点一周に7cm以上必要な設定のプレイヤーには不向きだと思います。

逆に僕の設定に近い人だと、手首をマウスパッドに乗せたままでも快適に使えます。

ゲーミングマウスパッドよりも滑りやすい

サイズが小さいせいだと思いますが、少し底面が滑りやすいです。

僕の前使っていたマウスパッドはこれのLサイズで、これよりも滑り止めは弱いです。

ですが、ゲーム中に滑ることは一切ありませんでした。

あくまで手で無理やり押したときに少し滑りやすいというだけです。

上面もちょっと滑りやすい

先程紹介したSteelseriesのマウスパッドよりも少し滑りが良く、ちょっとマウスが動きすぎな気がしました。

ゲームでは死活問題なので、「G HUB」でDPIを2400→2000に変更しました。

※「G HUB」はLogicool Gの一部マウスにしか対応していません

DPI調整が細かくできないマウスを使っているなら、ゲームのマウス感度設定をいじってみると良いと思います。

まとめ

  • ELECOMの「スタンダードマウスパッド」は安いがしっかり使える
  • ゲームに使うにはマウスの感度が高くないときつい
  • ちょっと滑りが良すぎるような気もする

最近は湿度が高くなってきて、テーブルの上がベタつきますよね。

僕もそれが嫌でマウスパッドを買いました。ゲームでなくても、細かい作業が捗りますよ。